Photoshopで画像を簡単に単色・2色に加工する方法

Webデザイン

前回のバナー制作で使用したPhotoshopテクニックの紹介です。Webサイトの画像加工やバナー広告に使えると思うのでメモしておきました!

サイトの画像を、雰囲気に合わせて落ち着いたトーンに加工したいな〜

ごん先生
ごん先生

画像を1色か2色にしてみたらどう? こんな感じになるよ

単色や2色の画像はこんな感じ

1トーン(左)と2トーン 元画像の素材は写真ACより

こんな風にしたかったの。オシャレになるね。

ごん先生
ごん先生

簡単だからやってみよう!

「調整レイヤー」を使って元の画像データを残す方法

「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリック

Photoshopで自分が加工したい画像を開きます。レイヤーパネル下部の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリック。

コントラストの高い(明るい部分と暗い部分の差がある)画像が加工に向いている。

「グラデーションマップ」を選択

上の図はレイヤーパネルを拡大した画像です。下から2番目の「グラデーションマップ…」を選択してください。

[プロパティ]パネルのグラデーションバーで、加工したい色を選択

[プロパティ]パネルが出てくるので、グラデーションバーを選択。

ワークスペースを初期設定に戻すときは、[ウィンドウ]→[ワークスペース]→[初期設定をリセット]

グラデーションバーをクリックすると、[グラデーションマップエディター]ダイアログが表示される。
左端の下の正方形をダブルクリックすると、色が選択できます。

1トーンの場合は左の分岐点だけ選択

1トーンにするときは、左だけ色を選択。右は白色を設定するとこうなります。

2トーンにするときは、左右の分岐点を選択

2トーンにするときは、左と右の分岐点をそれぞれ設定します。

以上です。
この手法は【関連記事】Webバナー制作 3色レイアウトでセンスを磨く にも使っています。

模写バナー
画像の色を加工しています

元データを編集せずに、何度でもカンタンに調整できて便利!

ごん先生
ごん先生

汎用性が高そうだから、覚えておきたいね

タイトルとURLをコピーしました